読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼児スイミングスクールは水慣れから

幼児スイミングスクールはプールサイドに座って水をバシャバシャ蹴るところから始めます。

プールが怖い子ども 、ご存知でしょうか?

スイミングスクールの練習が終わったら、お肌の乾燥を防ぐために保湿化粧水やクリームでケアしてあげるといいですね。プールに通うと肌がとても乾燥するのでぜひ気をつけてください。また髪もパサパサになりがちなので、パパやママはプール後のヘアケアを忘れずに。

水の中で息ができないと思い込み、プールやお風呂で顔をつけられないお子さんには「息は吐くことに集中すれば自然を吸う動作に繋がる」ということを、楽しみながら教えてあげてください。「パッ」と口から息を吐くことで、水中でも呼吸が軽くできることがわかれば、顔に水をつけても大丈夫!という自信につながります。

最近肌年齢が上がってしまったかもと思ったことがあります。ファンデーションが目元と口元にたまっていたのを発見してしまったからなんです。

話はコロッと変わりますが、近所の農家の敷地内で鯉を飼っているんですけど、鯉の歯って見たことありますか?外からみただけじゃわからないんですけど、鯉の歯は喉の奥のほうにあるそうです。この歯がかなり強いそうでシジミやタニシの殻を噛み砕くだいちゃうんですって。

あれ、なんだか話がずれていってますね(笑)

ところで、ディズニーシーの開門前の並び方は何かルールがありますか?詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

今日はやるべきことがハッキリしてきそうですよ。いつも最後までお読みいただきありがとうございます。

?[PR]